スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告 |
唯憂「この夏の思い出」5
ゆっけです。
本当に似たような話になってしまったな・・・。
違うところは、墓参りに行ってないところだけかもw
②という意見があったので、こういうEDになりました。
答えてくれた、魏鳳s。ありがとうございました。
次の話は、唯と律がメインかな。
地の文の切り替えが難しい。下手したら、唯視点の地の文がいらない可能性があるかも。
ネタバレもアレなんで、とりあえず、次の話は、次書くときにしたいと思います。

昨日は暖かかった。
学校の中で、キャストオフしてしまった。
さぁて、今日も一日頑張るぞぉおおお!(今更?なんてツッコミはなしな。)


朝。私は布団から体を起こす。
唯「・・・・・」
体がだるい。でも、これはいつものことだった。
窓を見上げた。雲ひとつない快晴。まるで、憂の笑顔のようだった。
唯「憂・・・」
いつまで経っても、あの日を思い出してしまう。
唯「あの日から、5年経つんだね・・・」
5年経った今でも、あの日を忘れる事はできない。忘れてはいけないと思った。
あの日。それは、憂がこの世を去った日。同時に、笑顔が消えた日でもある。
憂(ごめんね・・・お姉ちゃん・・・)
憂はいつも謝ってばかりな気がした。でも、いつも太陽のように眩しい笑顔だった。最期の時もそうだった。
憂(私は大丈夫だよ。お姉ちゃん)
大丈夫と言っても、憂は相当無理をしていたと思う。私を心配させないために。
唯「ごめんね・・・憂・・・」
私は憂になにも出来なかった。妹を守れなかった。
唯「私、最低な姉だね・・・」
その時、声が聞こえた。

『そんなことないよ!お姉ちゃん!!』
唯「え・・?憂・・・?まさか・・・」
憂『お姉ちゃんがいたから、私も笑っていられたんだよ。だから、そんなこと言わないでよ』
唯「だって、私・・・」
憂『何も出来なかったって思ってるでしょ』
やっぱり、憂は鋭かった。
唯「うん。実際、何も出来なかったし・・・」
憂『じゃあ、いつものように起こしに来てくれたり、寝るまで側にいてくれてたのは誰?』
唯「あ・・・」
憂『リハビリにいつも付き合ってくれてたのは誰?』
唯「・・・」
憂『私が魘されてたとき、真っ先に「大丈夫だから」って心配してくれたのは誰?』
唯「憂・・・」
憂『そういう事なんだよ。お姉ちゃん』
唯「そうか・・・私・・・」
私がしていた事。憂を起こしたり、リハビリに付き合ったり、魘されていた憂を落ち着かせたり。
それだけでも、憂はうれしかったんだ。だから、最期に言ったんだ。「ありがとう」って・・・。
唯「憂は、嬉しかったんだね・・」
憂『そう。だから、最期に言えたんだよ。「ありがとう」って』
唯「憂・・・」
憂『お姉ちゃん』
唯「何?」
憂『あの日から、ずっと一人だと思ってた?』
唯「え・・・?」
やっぱり、鋭かった。
唯「・・そうかも」
憂『ヒドイよ。最期にちゃんと約束したのに』
唯「・・・!」
憂『「いつでも、お姉ちゃんの側にいるよ。いつでも、見守ってるよ」って』
唯「・・・そうだったね・・・。ごめんね・・・」
私は憂に抱きついた。久しぶりの感覚。
憂『やっぱり、変わらないね。お姉ちゃんは』
唯「そうかもね」
憂『見えないだけで、ずっと側にいるんだよ・・・』
唯「うん。分かってる」
憂『じゃあ、そろそろ行くね。また帰ってくるから』
唯「・・・・うん」
私は泣きそうになった。でも、憂を迎えるときは笑顔でいようと決めていた。
憂『泣いてもいいんだよ』
唯「うい・・・」
耐えられなくなって、私は泣いた。憂の胸の中で。
憂『お姉ちゃん』
唯「何・・?」
憂『来世も姉妹がいいね』
唯「そうだね。憂・・・」
憂『またね。お姉ちゃん・・・』

唯「は・・・!」
辺りを見回す。何も変わってない私の部屋。そして、気配を感じる。
唯「やっぱり、いるんだね。すぐ側に」
憂(いつでもいるよ。お姉ちゃんの側に)
聞こえた気がした。あの懐かしい声が。そして、私は聞こえた声の主へ言う。
唯「忘れないよ。憂」
憂(うん。私も忘れない)
唯憂「『この夏の思い出』を」
スポンサーサイト
[2011/01/19 12:53 ] | アニメ小説 | コメント(2) | トラックバック(0) |
<<律「お前を放っとけないんだよ」唯「・・・」1 | ホーム | 唯憂「この夏の思い出」4>>
コメント
No title
うーん
流石というべきか
たった一日で
この仕上がり
次回作も期待!

ところで
あのTOPページはどうやっているのですか?
昨日も今日もすいませんが
教えてくださいm(__)m
お願いします
[2011/01/19 20:32]| URL | 魏鳳 #SQrBwfrE [ 編集 ]
No title
>>魏鳳s
1.「新しい記事を書く」
2.投稿期間を期間限定、日時を未来の日時に設定
3.完成(ずっと一番上にその記事は表示される)

これで分からなければ、「FC2ブログ トップページ 作り方」でググってみてくださいな。
[2011/01/20 01:17]| URL | ゆっけ #- [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
→http://luckystar618.blog106.fc2.com/tb.php/179-a01485c3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。