スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告 |
律「お前を放っとけないんだよ」唯「・・・」1
こっそりと更新。
新作です。
前にも紹介したとおり、メインは唯と律です。
唯視点の地の文は、最初は1にもあったんですが、「必要ないんじゃね?」という考えにたどり着きました。
唯もメインなのになぁ・・・。

現在、これの最終回を製作しようとしてる最中。
だが、どうやって終わらせようか迷っているw
不自然にならないよう、がんばりますw
けいおん!アフターストーリーは本当に黒歴史かもしれない。
あれの二の舞にはなりたくないな・・・。

春、クラス替えの季節。クラスの中がいろいろとワイワイやっている中、私、田井中律は気になっていた。
それは、同じクラスの平沢唯さんの事だった。平沢さんは軽音部の見学に来てくれて、感動した。と言ってくれた。とても暖かい、優しそうな子だった。
最初に噂を聞いた時には驚いた。あの平沢さんがイジメを受けて、それから学校に来なくなってしまったという。
私は、平沢さんをあの天使のような笑顔に戻したいと考えた。
律「さわちゃん先生、平沢さんの住所知ってるよな?」
さわ子「担任だから当たり前でしょ。どうして?」
律「単刀直入に言うと、平沢さんにもう一度学校に来てもらいたいんだ」
さわ子「無理ね。平沢さんはあの事がトラウマになってしまってるの。だから、外に出ることすら難しいんじゃないかしら」
律「だったらさ、そのトラウマを忘れるくらい楽しい事をしたり、思い出を作ったりすればいいじゃないか!」
さわ子「そんな単純なものじゃないの。諦めて」
この様な対応が来るとは思っていた。やっぱりこの人も周りと同じ大人なんだなと思った。
律「・・・まだ手段は残ってるな・・・」
私は職員室を飛び出し、部活の後輩の梓の教室へ向かった。
梓によると、平沢さんには、憂ちゃんという妹がいるらしい。それも、同じクラスみたいだ。
律「梓~」
梓「どうしたんですか?律先輩」
律「平沢憂さんはいるか?話がしたいんだ」
憂「呼びました?」
律「君が平沢憂さん?」
憂「はい。平沢憂です」
律「・・で、早速本題へ移るんだけど、場所を変えるか。入り口じゃあ邪魔になる」
憂「はい」
教室から、音楽準備室前に移動した。ここなら、普段は誰もいないから。
憂「それで、話って?」
律「姉の平沢唯さんの事だ」
憂「あなたもお姉ちゃんを傷つけるんですか・・・?」
憂ちゃんの目つきが変わった。
律「そうじゃない。むしろ逆かな」
憂「え・・?」
律「唯さんをまたあの笑顔に戻したいだけなんだ」
憂「・・・それで、私に何をしろと・・?」
律「唯さんに会いたいから、住所を教えてくれないか?」
憂「・・・・・・」
憂ちゃんは私の目を数秒見た。真実を確かめる為だろうか。
憂「わかりました。では、放課後に案内しますから、校門で待っててください」
律「すまないな」
憂「失礼します」

律「ここが?」
憂「はい。ここが私達の家です」
律「上がっていいか?」
憂「どうぞ」
律「悪いな。お邪魔します」
クツを脱ぎ、憂ちゃんに唯さんの部屋まで案内された。
律「ここが、平沢さんの部屋か・・・」
ドアをノックする。すると、ドアの向こうから声が聞こえた。
唯「・・・誰ですか?憂じゃあないですよね」
律「君の同じクラスの田井中律だ」
唯「・・・・何の用?」
律「君さ、去年イジメられたんだよね・・・?」
唯「・・だったら何?」
とても冷たい声だった。
律「それがトラウマになって、今そうやって部屋にこもってるんだよね?」
唯「・・・だから?あなたには関係ないと思うんだけど」
律「君さ、去年に軽音部に見学に行った事を覚えてるか?」
唯「・・・そういえば、そんなこともあったね」
律「覚えてくれてたか。その時の君の言葉も覚えてるか?」
唯「・・・・・・」
律「『とても、感動する演奏でした!』と言ってくれたんだぜ」
唯「・・・・・・」
律「それが、とても嬉しかった。励みになったのかもな。頑張ろうという気持ちになれた」
唯「・・・・・・」
律「だから恩返しに、君のそのトラウマを忘れさせるくらいの思い出を作ろうと思ってさ」
唯「・・・ゴメン。今日は帰って」
律「考えたいんなら、めいいっぱい考えるといい。良い返事を待ってるよ。明日も来るからさ」
唯「・・・ありがとうね・・」ボソ
スポンサーサイト
[2011/01/20 01:51 ] | アニメ小説 | コメント(3) | トラックバック(0) |
<<律「お前を放っておけないんだよ」唯「・・・」2 | ホーム | 唯憂「この夏の思い出」5>>
コメント
No title
どうも、お久しぶりです^^
友人から聞いたので覗いてみましたw
まだ覚えていらっしゃってくれれば光栄ですが…
[2011/01/20 19:57]| URL | 刹那 #vB9FBV32 [ 編集 ]
No title
いや~
律が唯さんって言ってる
なんかおかしいなw
次も期待だな
[2011/01/20 20:19]| URL | 魏鳳 #SQrBwfrE [ 編集 ]
No title
>>刹那s
もちろん覚えてますよ?
2日に1回の更新を目標にしているぜ!
というわけで、これからもよろしくです^^

>>魏鳳s
おかしいと思うが、この話では唯は軽音部に入っていないのです。
だから、まだ友達じゃないというわけですな。
そして、「平沢さん」だと、憂も「平沢さん」なので、ここは「唯さん」ということになりますた。
[2011/01/20 23:39]| URL | ゆっけ #- [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
→http://luckystar618.blog106.fc2.com/tb.php/180-1e11feb4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。