スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告 |
梓「唯先輩の消失」3,5
BADENDです。
これつくってたら、新しい話が思いついた。
次の話が決まってよかった。よかった。

ちなみに、3,5というのは、GOODENDを先に作ったため、GOODの方を3としてたからです。

UI・H>過去に戻って、これをお姉ちゃんに撃てばいいよ
AZUSA>これを・・・?
UI・H>大丈夫。お姉ちゃんが死ぬわけじゃないから
AZUSA>どうやって、過去に戻るの?
UI・H>今からいくつか質問するから、YESならエンターを、NOならそれ以外を押してね
AZUSA>わかったけど・・・。どうやって戻るの?
UI・H>とりあえず、答えてよ
AZUSA>うん・・・
UI・H>あなたは今の軽音部より、元の軽音部の方が好きですか?
AZUSA>YES
そうだ。私は、元の軽音部が好き・・・。でも・・・
UI・H>あなたは、私の話を聞いて、お姉ちゃんを恨んだりしましたか?
AZUSA>NO
決して恨んではいない。でも・・・
UI・H>最後の質問だよ。
AZUSA>・・・
UI・H>あなたはお姉ちゃんが好きですか?
AZUSA>・・・!
唯先輩。無邪気で、天然で、いつも明るくて、いつも私に抱きついて来て・・・。そんな唯先輩のことを私は・・・好きなのかもしれません。
でも、このときの私はそれを認めたくなかったのかもしれません。そんなはずないと。だから、私の出した答えは・・・。
AZUSA>・・・NO
UI・H>質問は以上だよ。
AZUSA>・・・・
変な罪悪感が私を襲いました。
UI・H>恐らく2度と会うことはないでしょう・・・
AZUSA>・・・へ?
UI・H>もうすぐ、元の世界で梓ちゃんと会った人は・・・
AZUSA>人は・・?
UI・H>梓ちゃんの部分だけ、記憶を消される。
AZUSA>!?
記憶が消される・・・。ということは・・・?
UI・H>梓ちゃんは最初からいなかったことになる。
AZUSA>え・・・?
UI・H>この画面ももうおしまいかな。じゃあね。梓ちゃん
AZUSA>憂・・・!
UI・H>梓ちゃんと過ごした日々は楽しかったよ。
それを最後に画面はカーソルを表示しなくなった。
スポンサーサイト
[2011/02/02 22:20 ] | アニメ小説 | コメント(3) | トラックバック(0) |
<<梓「唯先輩の消失」4.5 | ホーム | 梓「唯先輩の消失」2>>
コメント
No title
バッドですねw
ハッピーもみたいですw
[2011/02/03 18:53]| URL | 刹那 #KgorU.xo [ 編集 ]
No title
元ネタ見てないからわからんが
悲しいね・・・
[2011/02/03 20:59]| URL | 魏鳳 #SQrBwfrE [ 編集 ]
No title
>>刹那s
まだ、バッドは続いてますw

>>魏鳳s
元を見てなくても楽しめたかと思ってます。
ハッピーもお楽しみに
[2011/02/03 23:24]| URL | ゆっけ #- [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
→http://luckystar618.blog106.fc2.com/tb.php/189-645cae75
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。