スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告 |
唯「突撃!となりのあずにゃん」3
続きです。決して百合的な展開はないです。
フラグ?なんのことかな?

次はシリアス展開な予定。

憂ちゃん誕生日おめでとう!

それでは、続きです。
風呂場
梓「言ってくるとは思ってましたけど・・・」
唯「あずにゃんもわかってるね~。私の事」
梓「憂の方がわかってますよね?妹だから当たり前っですけど」
唯「まぁ、年中一緒だからね」
梓「憂と喧嘩とかはしないんですか?」
唯「滅多にしないね。怒ると怖いんだよね~・・・」
梓「あまり怒らない人って、怒るともの凄く怖そうですよね」
唯「そうだね。でも・・・」
梓「唯先輩?」
唯「信頼してるから怒れるんじゃないかな」
梓「そうかもしれませんね」
唯「澪ちゃんだって、りっちゃんをよくわかってるからああやってやれると思うんだよね」
梓「そうですね。私もそう思います」
唯「そろそろ上がろう?のぼせちゃうよ~・・・」
梓「そうですね・・・」

居間
唯「あいす~」ゴロゴロ
梓「どうぞ。唯先輩」
唯「ありがとうね。あずにゃん」
梓(こんな毎日がいつでも続くといいな・・・)
唯「あずにゃんは食べないの?」
梓「私は別に・・・」
唯「そっか」
梓「何かします?ゲームとか」
唯「少し狩る?」
梓「いいですよ」
私達はPSPを取り出しました。
唯「シビレ罠ここにしかけるよ!」ピコーンピコーン
梓「わかりました!今向かいます!」
唯「かかった!攻撃してるから、麻酔玉よろしく!」
梓「了解です!」
info「目的を達成しますた」
唯「よし・・・。おわったね」
梓「気が付けば時間が遅いですね」
唯「じゃあ、寝ようよ」
時刻は午前0時になっていました。

ベッド
唯「今日は楽しかったよ。ありがとうね。あずにゃん」
梓「いえ・・。私も楽しかったです」
唯「こんな毎日がいつまでも続くといいんだけどね・・・」
梓「大丈夫です。私達なら」
唯「また突撃しちゃおうかな?」
梓「いいですよ。また来てください」
唯「じゃあ、おやすみ。あずにゃん」
梓「おやすみなさい。唯先輩」
そう言って私達は目を閉じました。
スポンサーサイト
[2011/02/22 22:13 ] | アニメ小説 | コメント(2) | トラックバック(0) |
<<唯「見せたかった景色」 | ホーム | 唯「突撃!となりのあずにゃん」2>>
コメント
No title
唯たちのギルカほしいなぁww

まさかモンハンでてくるとは…
[2011/02/23 16:10]| URL | 刹那 #KgorU.xo [ 編集 ]
No title
ギッルカ!
欲しいぞ欲しいぞ
ギッルカ!
[2011/02/23 16:15]| URL | 魏鳳 #SQrBwfrE [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
→http://luckystar618.blog106.fc2.com/tb.php/199-c388ea3b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。