スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告 |
律「ささいなことで」2
ようやく完成。第2話目。
いつもと違うりっちゃんが見れますね。(それをキャラ崩壊というのではないだろうか)

Gジェネが楽しすぎて、唯がかわ唯すぎて生きるのがつらい。

短いかもしれん。
次回、最終回の予定。

律「なんで、あんなこと・・・」
絶対嫌われた。何より、会わせる顔がない。
律「ごめんなさい・・・。ごめんなさい・・・」
ひたすら謝りたかった。本人には聞こえないだろうけど、謝りたくて仕方なかった。

翌日。昨夜もよく眠れなかった。待ち合わせ場所には30分前についた。
律「怒ってるから、絶対に来ない・・・」
昨日のことは、澪が一番傷ついたハズだ。怒ってるハズだ。だから、来るわけがない。いつも通りに接してくれるかさえわからない。
澪「お。また早いな。って、何やってんだ?」
律「澪・・・?」
怒ってない・・・。いつもの澪だ・・・。どうして・・・。
澪「ほら。早くしないと置いてくぞ」
律「待ってくれ!なんでいつもみたいに接してくれるんだよ・・・」
澪「おかしな事を聞くヤツだな。なんで、律を避けなきゃならない?」
律「だって、昨日あんなことを言っちゃったし・・・」
澪「でも、その後私が叩いたろ?それで終わりだよ。それで律も反省したと思ってるし、信じてる」
律「澪・・・」
澪「だから、お前も少しは私を信用しろって。そんなことで避けたりしないよ」
律「澪おおおおお!!!」ダッ
澪「わわ!いきなりどうした!律!?」
律「本当にごめん!あんなこと言って・・・」
澪「もうそれはいいって。でも、あんなことはしないでくれよ?結構傷つくんだからな」
律「わかったよ。気をつける」
澪「それでよし。じゃあ、行くか。長いこと話したから少し走るぞ」
律「おう!!」
この言葉に励まされた私は、決心をした。
律(澪にこの想いを伝える・・・!)
スポンサーサイト
[2011/05/31 02:03 ] | アニメ小説 | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<Gジェネがおもしろすぎて、唯がかわ唯すぎて、生きるのがつらい | ホーム | 最近>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
→http://luckystar618.blog106.fc2.com/tb.php/231-b901722a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。